Quest: A Child of the Dalish

Dalish Elf (Warrior/Rogue、男女問わず) で始めると、
よく見知っている森での狩りの途中、怪しげな人間たちと遭遇するところから始まる。


Dalish Elfはもともと排他的なエルフの一族である。あなたも、あなたの幼馴染みのTamlenもその例外ではない。茂みから飛び出してきた人間たちを山賊と決めつけ、ほとんど殺すつもりだった。

だが、命乞いをする人間の話を聞いて興味をかき立てられる。
彼らは山中の洞窟で不思議なもの -古代の遺跡のようなもの- を見つけて宝を求めて入っていったのだが、内部で "黒い目をもつ巨大なDemon" に遭遇したと主張している。そして命からがら飛び出してきたところを、あなたたちに捕まってしまったようだ。

だが、この森は一族でよく通っている場所であり、そのような古代の遺跡の話は見たことも聞いたこともない。疑いのまなざしを投げかけるTamlenに、人間のひとりが その遺跡の入口で見つけたという証拠の品を差し出した。それには、Ancient-Elvishが刻まれていた。


*************************************************


クエスト: The Lost Mysteries of the Ancients

人間たちを処理 (逃がす/殺す) したあと、Tamlenから2人で遺跡に行ってみようと提案される。一族をまとめているKeeperに報告したほうがいいのかもしれないが、なんといっても興味が先に立つ。


不思議な鏡を見つけた:

古代遺跡の内部で 歩き回る死体や得体の知れぬ敵と遭遇したあと、あなたとTamlenは 廃墟の広場にそそり立つ美しい大鏡を発見した。

なんとも魅惑的な鏡に、ふらふらと吸い寄せられるTamlen。彼の手がその表面に触れた瞬間、ガラスが不気味に波打った。閃光が走り、あなたは激しく弾き飛ばされる!
朦朧とする意識の中、誰か・・・見知らぬ人間があなたを介抱しようとしている・・・。

次に意識が戻ったとき、あなたは氏族のキャンプへ無事に連れ戻されていた。
寝床を出て真っ先に出会ったFenarelが話してくれたところによると、あなたは2日もの間ひどい高熱を出して病み、誰もが助かる見込みはないと思っていたそうだ。Keeperが古代魔法を使って癒してくれなければ、本当に死んでいただろう。


Grey Warden Duncanに出会う:
あなたが最後に見た人間の男、彼がここまで運んでくれたようだ。名前をDucanといい、噂で聞いている伝説的な傭兵団Grey Wardensの一員だ。彼は、洞窟の外にひとりで倒れているあなたを発見したという。Tamlenはどこへ消えてしまったのだろう?

あなたを癒してくれたKeeper Marethariから、DuncanがDarkspawnを探して洞窟に入ろうとしていたことを教えてもらえる。そして、もうすぐ氏族全員で北へ向かうこと、早くTamlenを探さなければならないことを告げられる。もうひとりのKeeper Merrillに会い、彼女と一緒に洞窟へ戻ってTamlenを探そう。


自分の過去を知る:
キャンプの一角にいる Ashalle という老婦人と話をすると、今まで教えてもらえなかった自分の過去を知ることができる。
あなたの父親はこの氏族のKeeper -現在のKeeperの前任者- であり、母親は他の氏族の出身だった。彼らは愛し合っていたが、母方の長老は2人の仲を快く思わなかった。そのため、こっそり森の中で会うしかなかったそうだ。
そしてある日、密会しているところを 人間と彼らとともに暮らすCity Elfたちによって捕らえられてしまった。父親は殺されたが、あなたを身ごもっていた母親はなんとか逃げ延びることができた。そしてその後あなたを産んだが、その心は深く苦しめられ癒されることはなかった。そしてある夜、月光の中 森に入ったあなたの母親は、二度と戻ることはなかったという。

そしてAshalleから、母があなたに遺したものが入った箱のカギを渡された。
箱は、Keeper Marethariのそばにある焚き火の近くに置かれている。中には、父親の形見であるペンダントが入っていた。


Merrillと話をし、Tamlenを捜索しに出かける:
キャンプの一角であなたの到着を待っているKeeper Merrillと話をして一緒にTamlenを探しに、今一度 あの洞窟へ向かうことになった。話しかけると次のゾーンへ移動することができる。

ちなみに、最初に出会った Fenarel もまた、友人であるTamlenを心配していて、あなたが探しに行くというならついて行くと言い張る。彼を連れて行きたい場合、引率役のMerrillには適当にウソをついて誤魔化そう。

廃墟に到着してみると、すでにDuncanが鏡を検分しているところであった。
Grey Wardensは以前にもこの鏡のようなアーティファクトを発見したことがあり、このTevinter製の鏡はコミュニケーションを用途目的として作られたものらしい。しかし、こういったアーティファクトは時間が経つとともに壊れてしまい、最後にはDarkspawnと同じ穢れで満たされてしまうのだという。今回、Tamlenの接触が引き金となり、Darkspawnを呼び覚ましてしまったようだ。

あなたの高熱をともなう病気は、Darkspawnの穢れだったのだ。そして、間違いなくTamlenもその犠牲になっている。
汚染源であるこの鏡が存在している限り、あなたの病気は癒えることはない。今は一時的に納まっているように見えるが いずれぶり返し、しかも他のエルフたちに感染してしまうだろう。そう断言したDuncanの判断によって、鏡は打ち壊された。

あきらめきれず内部をさらに捜索してみたが、Tamlenの姿はどこにもなかった・・・。


Paivelと話す:
手ぶらで意気消沈しながら村へ戻ったあなたは、Keeperから 「死者のために葬儀を行うよう、Paivelに伝えなさい」と命令を受ける。焚き火のそばにいるPaivelを探し出そう。

遺跡の話を耳にしたとき、すぐにKeeperに報告するべきだったのだ。だが、いまさら悔やんだところでどうにもならないのだが・・・。

葬儀のあとで、DuncanとKeeperから話があった。彼はDalish Campにとある目的を持ってやってきていた。人間の王がOstagar廃墟でDarkpawnの大軍を迎え撃つ準備をしているのだが、それに間に合うよう、Grey Wardensの新規隊員を探しているのだそうだ。
Duncanはあなたに目をつけた。彼とKeeperとで話し合い、あなたのDarkspawnの穢れを落とすため、また彼の任務である新規隊員探しのため、あなたは彼とともにOstagarへと向かい、Grey Wardenの入隊審査を受けることになったようだ。不注意から仲間を失い、今は治療が必要の身だ。
あなたは、Duncanとともに出発することを決めた。


Ostagar へ続く。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Need search?

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

LINK

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

COMMENT

  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    あず
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    管理人
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    Laffy
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    Hitotch