Quest: A Day In Court

クエスト:A Day In Court

4人目の仲間と出会うべく、The Wending Wood, The Blackmarsh, もしくは Knotwood Hillsのどれかを攻略して、Vigilへ戻ってくると発生している内政クエスト。

*****************************************************

砦の大扉前に立つPrivateから、
「Varel様が貴方を探しています。 すぐに王座の間へいらしてくださいとのことです」 と伝言を受けた。 急ぎの用事があるようだ。


王座の間へ行ってみると、貴族たちが集まってきていた。 Varel からの説明で、これからCourt (法廷) が開かれることがわかる。

法廷においては、あなたの内政の手腕が問われる。
様々な問題、臣下の貴族間で起こる私的な揉め事、軍事的な刑罰の種類やその重軽 といったものが、すべてあなたの裁量で決定される。 もちろんアドヴァイザーとして後ろの3名がついていてくれるが、基本的に、最終的な決定はあなたの仕事である。 まあ、どうしても決めかねる場合は、執事長であるVarel に決定を任せることも可能だ。


1件目の訴え、羊飼いのAlec :
羊飼いのAlecは、駐屯軍のために用意された2ブッシェルの穀物を盗んだ。 通常の場合、統治者から物を盗んだ者は 絞首刑に処せられる。 Alecの言い分では、飼っていた羊をDarkspawnに殺され、家族を飢え死なせるか盗むかの選択を迫られたのだという。

「可哀相な奴です。 鞭打ちで済ませてやったらいかがでしょう」 と Varel が後ろから小声でアドヴァイスをくれた。 法に沿って死刑にするか、鞭打ちで済ませるか、兵士として働いて家族を食わせろというか、Varelに丸投げすることができる。


2件目の訴え、砦の兵士 Danella :
訴えによると、この女兵士は砦の任務を放棄して脱走しようとしたらしい。 Danellaの言い分では、偵察の任務に就いていた彼女はDarkspawnが自分の家族の住む地域に迫っていることを知り、彼らを守るために脱走しようとしたのだという。

「彼女は優れた偵察ですが、脱走行為は軍全体を崩壊させます。 深情けはお掛けにならぬよう」 というのがVarel からのアドヴァイス。 法に沿って死刑、牢屋に1年間ぶち込む、家族を砦に呼び寄せて軍に貢献しろ、Varel に丸投げ、のどれかを選ぼう。


3件目の訴え、Lady Liza Packton:
法廷が始まる前にVarel から、「こいつは厄介な問題ですよ」 と釘を刺されていた訴え。 ちなみに今回の法廷の開催は、彼女が声高に言い張ったから。

さて、Lady Liza Packtonの言い分では、故Arl Rendon Howeから "South Bridgeの収入権を彼女に与える" という確約を貰っていたのだという。
「そのような実りの良い権利を与えられるとは、いったいHoweの陰謀のどこの部分に加担されていたのですかな?」 と、もうひとり、Ser Derrenという貴族が立ち上がった。 彼女が要求しているSouth Bridgeの収入権は元々は彼のものだ。 彼は Teyrn Loghainに反抗していた数少ない貴族のひとりであり、そのために彼から権利が奪い去られようとしているのだと主張する。

警備長Garevel はSer Derrenに味方したいらしく、「彼は、数少ないあなたの心からの支持者の一人です」 という。
対してVarel は 「貴族をうまくまとめるには、いかなる場合にも公平に扱わねばなりません」 だそうだ。
確約書を誰が発行したにせよ書類は書類であるとしてLizaに権利を与えるか、裏切り者のHoweのした約束なんか知るか!と訴え自体を無視するか、Ser Derrenを [説得] して彼に決めさせるか (熟考の末、彼は権利を諦める。あなたは彼になんらかの形で償いをすると約束することになる) 、戦争には金がかかるのであなたが権利を召し上げる、ことができる。


4件目の訴え、Ser Temmerly the Ox:
クエスト:A Brewing Conspiracy で、Ser Tamraが証拠を持ってくるまで待つと選択した場合に発生。 2件目のDanellaの代わりに、この問題が持ち出される。

ふてぶてしい態度の貴族、Ser Temmerly the Ox が引き出されてきた。 彼は殺人罪を問われている。 その被害者は、なんとSer Tamraだ。
警備長Garevelの起訴状によると、この男とその部下は、真夜中に街道を通行中だったSer Tamraを卑怯な待ち伏せをして殺害したという。 Garevelの部下が、殺された直後のSer Tamraを発見したとき、その場から逃げ去るOxを目撃している。
「何をバカな。 あの街道は大勢の者が通っている。 それは人間に限ったことじゃあない。 それに、夜はとても危険な場所だ。 Commander、わたしを解放するよう要求します。 その男の茶番には付き合いきれませんよ」

Varel に意見を聞いてみると、
「この男は、かつてのArl Rendon Howeの同盟者です。 彼に不利な証拠といえば、衣類に血のりが付着していたというだけです--残念ながら、昨今ではそんな状態の旅行者は見慣れた光景になっています。 Gavevelは徹底的に調べました」
「もしこの男を処刑したとしたら・・・証拠があまりにも乏しいので、暴動が起こるかもしれません。 誰も彼をかばおうとは思わないでしょうが、何しろ貴族ですからね。 もし彼が無実だというのなら、わたしはOrlaisの女皇帝ですよ。 まあ、無実の可能性は、あると思います」


証拠不十分としてOxを解放するか、有罪として打ち首に処するか、調査のあいだ投獄するか、Varelに丸投げするか、が選べる。


問題を全て処理すれば、閉廷である。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Need search?

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

LINK

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

COMMENT

  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    あず
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    管理人
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    Laffy
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    Hitotch