Quest: Golem of Amgarrak (1)

DLC Golem of Amgarrak
*ダウンロードコンテンツ Golem of Amgarrak を導入すると、追加されるクエスト群。

事の始まりは、あなたのもとへ届けられた一通の手紙であった。
差出人は、Jerrik Dace と名乗る Orzammarのドワーフだ。 彼は、高名なあなたの手腕を見込んで、とある問題の解決を依頼してきたのだ。

彼の手紙にはこうある。

「傲慢さ、あるいは楽観から、彼らは ”そこ” を Amgarrak -勝利- と呼んでいました。 Caridin の研究を再現することで、彼らはドワーフ族に勝利をもたらすことを望んでいたのです。 しかしThaigは見捨てられ、研究者たちは行方不明になってしまいました。 Deep Roadsは、Amgarrak と かつての我らの栄光を取り戻すという夢を飲み込みました。 Darkspawnが地表を破壊している間、我々はThaig を調査するための探検隊を送り出しました。 わたしの弟が、彼らと一緒でした。 彼らは二度と戻ってはきませんでした。

Warden、貴殿は、他の者たちが口をそろえて不可能だと断言したことをやり遂げられた。 それゆえ、わたしはこうして貴殿に手紙をしたためているのです。 わたしが弟を見つけ出し、家へ連れ帰ることに手をお貸しください。 これは深い思いやりの問題であり、わたしには貴殿以外に信じられるものがないのです。

 --つねにあなたの慎ましい僕(しもべ)、Jerrik Dace」



クエスト: In Search of Amgarrak (1/2)

あなたは 手紙の差出人であるJerrik、そのペットSnug the Brontとともに、Deep Roadsへと降りてきた。


横道の崩れかけた入り口に差しかかると、Jerrikは振り返って話をはじめた。

「Warden、もう一度 あなたのご助力に感謝します。 他の連中はみんな諦めてしまいましたが、わたしにはBroganを、弟を、見捨てることはできませんでした。
それから、あなたに単独で来るよう要求したことについて謝罪します。 Dace家は、Amgarrakの位置がOrzammarの残りの連中に知られることを望んでおらんのです」


あなたは秘密主義者だ。
「Dace家は、この場所を発見するために多くの犠牲者を出しました。 どのような知識であれ、この場所で見つかったものは我々だけのものです。 もちろん、Brogan捜索はわたしの主目的ではありますが、Amgarrakは秘密を隠しているのです・・・大きな秘密をね」

どうしてわたしに手助けを求めたのか?
「王の推薦です。 誰かがBroganを救うことができるとすれば、それはあなただろう、と」

トラブルを予期している?
「20人を超える探検隊が、ただ消えるわけはありません。 そこには何かがある、そしてそれは友好的なものではないと推測しています。 大量のDarkspawnを期待しないでください、我々のスカウトはAmgarrak周辺でやつらを見かけたと報告してきていますが、相手が攻撃を仕掛けてくる様子はなく、ただ・・・おとなしく観察されるままだったそうです」

大事な弟を探したいというから善意で出張ってきてみれば このありさまですよ。 やられたよJerrik、お前のしおらしい手紙の文面に騙されたよ (´・д・`)
過去の栄光を取り戻したいのは分かりますけどね、そういうのはBrankaにお付き合いしたのでもうお腹いっぱい、早よ片付けて 帰ってZevの顔が見たいです。

・・・という愚痴は飲み込んで、いざ Amgarrakへ!


Amgarrakへ通ずる扉を発見せよ:
”あなたと Jerrik Daceは、Amgarrakと呼ばれる古代のThaigを調査するために Deep Roadsを探索します。 Dace家の派遣した探検隊は そこで行方知れずになっていて、Jerrikの弟である Broganはその一員でした。 Jerrikは、必死に弟の行方を捜そうとしています。”

現在の位置は Deep Roads Grotto。
一本道をどんどん進んでいくと、黒い靄がかった広間に出る。 そこで待ち伏せしていた Darkspawnを返り討ちにすると、靄が晴れて、右側に道が開けます。



クエスト: The Runic Golem

道の先は小さな部屋になっており、そこにゴーレムが鎮座していた。

「ゴーレムだ!Amgarrakは近いぞ」 走り寄りながら Jerrik が言う。
「これは Caridinのゴーレムのうちの一体ですが、改良変更されていますね。 研究者たちは Amgarrakの既存のゴーレムを使った実験をしたに違いない。 たぶん、彼らは新しいものを構築する秘訣をも学んだのでしょう」

そしてゴーレムを見上げて思案げに、 「まだ動かすことができるのではないでしょうか。 どこかにコントロールロッドがあるかもしれません」


ゴーレムを起動せよ:
“あなたは、無傷の、非活性化されたゴーレムに遭遇しました。 そのコントロールロッドを見つけることができれば、頼もしい仲間を手に入れることができることでしょう。”

Mist-Filled Chambers を進んで左側のくぼみに Forge Chamber があり、テーブルの上にお目当てのコントロールロッドが置かれている。 また、その脇に Rune Anvil があるので、ここでルーンの付け替えなどをしておこう。
戻って、ゴーレムを活性化させればクエストが完了する。

ちなみにこのゴーレム、今まで見てきたものとは一味も二味も違う性能を持っている。
スキル数こそ少なめだが、チェイン・ライトニングを放ったり、Cleansing Auraを使ったりできるのだ。



クエスト: In Search of Amgarrak (2/2)

ゴーレムを手に入れると、黒い霧がふたたび移動して、さらに奥地へ進む道が開ける。
その道すがら、あなたたち一行は 『青く光る半透明な者たち』 に遭遇した。 半透明で触れることは出来ないが そこに存在している (もしくは、していた) もの・・・、今までいろいろな場所で遭遇してきた中で一番近いものといえば Fadeの魔法だろう。 これもその類なのだろうか?

その不思議な者たちを追って Deep Roadsを歩き回っていると、Jerrikが重要なことに気づいた。 ちょうど、こちらを導くように移動していく青白く光る存在は、Dace家が出した探検隊のうちの一人だというのだ。

彼の消えた場所へたどり着いてみると、そこにはAmgarrakへ通ずる扉があった。


クエスト: Golem of Amgarrak (2)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Need search?

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

LINK

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

COMMENT

  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    あず
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    管理人
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    Laffy
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    Hitotch