Quest: Tranquility (3)

Quest: Tranquility (2) の続き


夜の寄進教会へ
教会の階段を上がっていくと、入り口の前にAndersの姿がある。
「2、3分前に Karlが入っていくのを見たよ。今のところテンプル騎士どもの姿はない。 よし、話はオレに任せてくれ。あんたらは連中に注意するんだ」

ここで入手可能なもの:
 ・ Andraste: Bride of the Maker (コーデックス:中央広場の垂れ幕)
 ・ Par Vollen: The Occupied North (コーデックス:二階の南ウィング)
 ・ The Commandment of the Maker (コーデックス:入って右手の個室)
 ・ The Founding of the Chantry (コーデックス:二階の北ウィングの個室)
 ・ The History of the Chantry: Chapter 1 (コーデックス:二階の北ウィング)
 ・ The Maker (コーデックス:中央広場、大きな彫像前)
 ・ The Sermons of Divine Renata I (コーデックス:中央広場、説教台の本)
 ・ Locks of the Golden Fool (クエストアイテム:二階の北ウィングの机上の本)



 教会内にいるKarlを探し出し、逃げるのを手伝おう

囚われの魔術師 Karl は、教会の二階でAndersが来るのを待っていた。
だが、あなた方が近づいて声をかけても振り返ろうとはしない。

こちらに背を向けたまま、Karlは奇妙に抑揚のない声で静かに話し始める。
 
「Anders、私は君を嫌というほど知っている。君が決して諦めないことを知っていた」
「何があったんだ? ・・・どうしてそんな喋り方を・・・」
振り向いたKarlの額には、くっくりとKirkwall寄進教会の紋章が焼き付けられていた。
「私は反抗的であり過ぎた。君のように。テンプル騎士たちは、私が・・・見せしめに罰せられるべきだと確信したのだ」
「そんな・・・!」 Andersが絶句する。 彼の救出作戦を知ったテンプル騎士によって、KarlはすでにTranquilにされてしまっていたのだ。 
「魔術師は他にどのようにして感情を抑えるのだろう? 君なら分かるだろう、Anders。 すぐにテンプル騎士たちが、君に自分を抑制する術を教えてくれる」

その言葉とともに、あなたの背後にテンプル騎士たちが現れた。 そしてKarlが言う。 
「これが、例の背教者です」

その言葉を聞くや、ただ呆然としていただけのAndersの様子が一変した。 


豹変したAndersとともに、テンプル騎士たちを一掃しよう。


Karlの望み 
戦闘が終わった後、Karlはあなた以上に驚いていた。 
「Anders、いったい何を? まるでFadeの一部をこの世にもたらしたかのようだったぞ。それがどういう感じか、ついぞ忘れていたよ」

そして、Fadeと接触したことで瞬間的に自分自身と感情を取り戻したKarlから、「今すぐ殺してくれ」と頼まれてしまう。 無論、Andersは逡巡している。

「他に方法はないのか?元に戻す方法が見つかるかもしれない」
あなたの問いかけにAndersは首を振った。 
「あんたは切り落とされた頭をもとに戻せるか? Tranquil Mageの夢は切断されてるんだ・・・彼らを元に戻す方法なんて残されちゃいない」
「テンプル騎士の操り人形として生きるより、魔術師として死にたいのだ」 とKarl。

結局、あなたにはどうすることもできなかった。Karlは、友人Andersの手によって満足げにあの世へと旅立っていった。 増援が来るまえに診療所へ戻らないといけないが、テンプル騎士の死体から Templar Letter (コーデックス) を取っていこう。 


Andersの告白 
診療所の中は人気がなく静まり返っていた。 あなたはAndersのあとを付いて行く。 
「当ててみようか。あんたが “実はAbominationでした”って言い出す場面なんだろ?」
「違うな。 だが、当たらずとも遠からずってところか」 とAnders。 「なんていったらいいか・・・説明しづらいな。Amaranthinにいた頃だ、オレはFadeの外側に捕らえられた正義のスピリットに出会ったんだ。 オレたちは友達になった。 そして彼は、Thedasの魔術師たちが日々直面している不公平を認識した」

「正義のスピリット?デーモンとは違うのか?」 
「ちょうどデーモンどもが人類の7つの大罪を捕食にするように、オレたちの美徳を具現化する善き精霊たちがいる。 慈悲、不屈・・・そして正義のスピリットたちだな。 創造主の最初の子供たちである彼らは、オレたちにほとんど見切りをつけたんだ」

「彼は、Fadeの外部で生きるために宿主を必要とした。オレはその手助けをすることを申し出た・・・。 オレたちは一緒に、Circleに送られるためにかつて母親から引き離されたすべての子供たちに正義をもたらすつもりだった。 だが・・・思うに、オレにはあまりに多くの怒りがあったんだ。オレの中に入った時点で、彼は・・・変わってしまった。」

「整理させてくれ、つまりあんたの頭の中には正義のスピリットが住んでいると?」
「そういうんじゃないんだ。今現在、彼はいない。オレの一部なんだ。 会話できるようなものじゃない。オレは、オレ自身のものとしての彼の考えを感じるんだ。 もっとも偉大な学者でさえ、どこがオレの終わりでどこが彼の始まりなのか、言うことはできない」

「あなたは友達を助けようとしたのよ」 とBethany。 
「オレにあんたほどの無垢さがあったらな。あまりに多くの憎しみがオレにはあった。Justiceは自分がそれに打ち勝てると考えたんだ。 だがオレの怒りは・・・今オレがテンプル騎士を目にするとき、常にオレを侵害していたもの、だがどうすることもできなかった・・・。 彼が現れる。そしてもう、オレの友達のJusticeではない。彼は復讐のエネルギーなんだ。しかも、慈悲への理解は皆無だ」


あなたの尽力に感謝したAndersから、Deep Roadsの地図が手に入る。 ついでにAnders自身の手助けも。 

ちなみに、I like men with dark past. で男性主人公相手にも恋愛フラグが立つ。
Andersそっちの趣味もあったんだ・・・。
 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Need search?

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

LINK

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

COMMENT

  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    あず
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    管理人
  • Magic and Religion> The Chant of Light: Redemption
    Laffy
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    管理人
  • DLC The Stone Prisoner 和訳 ver.1
    Gabrielle
  • Dragon Age Origins オススメMOD
    Hitotch